<初心者向け!ホームページ作成ソフト・5選>


i-9 トップページ i-9 ソフトの選び方 i-9 HPを作る準備 i-9 HPの基礎知識 i-9 お問い合わせ
 
 

   賢威7

keni01

ホームページ作成の最大の目的 おすすめ度
アフィリエイトをしたい方へ ★★★★☆
ホームページ作成の技術を習得したい方へ ★★★☆☆
ワードプレスを使って運用したい方へ ★★★☆☆
 

京都のWEBマーケティングチームであるウェブライダーが開発している賢威7

賢威7は、発売開始から現在まで24,000以上のユーザーに使用されている、ウェブライダー式SEOが注ぎ込まれたテンプレートです。

2016年4月に過去最大のバージョンアップが実施された賢威7をご紹介します。

 
point  こんな方におすすめです!
  • ワードプレス(CMS)でサイトを作っていきたい初心者の方
  • HTMLやCSSなどの知識を自分で学んでいける自信がある初心者の方
  • 本格的にSEOについて学んでいきたいと考えている初心者の方
 

  ホームページを作る“しくみ”

賢威7は、HTML版とワードプレス版の2種類のテンプレートが用意されていますが、 賢威ユーザーのほとんどはワードプレス版だと言われています。

HTML版は、HTMLやCSSなどの基礎知識があることが前提であり、それらのサポートもないため、 初心者の方が使うには少しハードルが高いものになっています。

一方、ワードプレスは基本的にHTMLやCSSなどの知識がなくてもサイトが作っていけるため、 初心者の方でもワードプレス版のテンプレートを使えばかんたんにサイトを作成していくことができるようになります。

ただ、ワードプレスの操作自体が初心者の方には難しく感じることが多いと思います。

実際、私もワードプレスを使って自分でサイトを作ろうとした時がありますが、 調べなければならないことが多すぎて途中で挫折してしまったことがあります。涙

その経験から、ある程度のHTMLやCSSなどの知識を身につけてから、 ステップアップとして使った方が良いのではないかと思います。

 
独自ドメイン取得 必要
レンタルサーバー契約 必要
ホームページデータ

ワードプレス版:レンタルサーバー

HTML版:自分のパソコン

公開

ワードプレス版:ワードプレスで自動更新

HTML版:レンタルサーバーにアップロード

 

  機能や操作・アフィリエイト性能

賢威7のテンプレートは、スタンダード版(1種類)の他に、コーポレート版・プリティ版・ビューティー版・クール版(4パターン)があり、 それぞれ6つのカラーバリエーションで合計25種類(シングルカラム1・ダブルカラム2)が用意されています。

徹底的にSEOを研究しているウェブライダーが、 現在のSEOに最適と思われるノウハウが注ぎ込まれているテンプレートで、 パソコン・タブレット・スマホのそれぞれで最適表示をするレスポンシブWebデザインに対応しています。

他にも、ページごとにカラム数を変更することができ、 さらには各カラムに含まれていたコンテンツを自動で最適な位置に移動してくれるという機能や 賢威テンプレートメーカーを使って、自分好みのテンプレートを無限に作成することが可能になっています。

 

賢威7の魅力の1つは、SEOテンプレートだと思いますが、それを上回る魅力的なものがあります。

それは、賢威SEO戦略マニュアルです。

ウェブライダーのSEOノウハウを手に入れたいと思っている人は多く、このマニュアルを手に入れるために賢威を購入するという方も多いようです。

この賢威SEO戦略マニュアルは、 ウェブライダーの松尾代表が、実際のSEOコンサルティング業務でも使用しているものと言われています。

前編と後編からなり、前編ではSEOの知識やSEO強化のためのタグの使い方などの技術的な内容が収録されています。

賢威SEO戦略マニュアル
 第1章 SEOを成功させるための諸準備
  1. 「パーソナライズド検索」の影響を知る
  2. ブラウザは「Chrome」を使う
  3. PCとスマートフォンでの表示確認を怠らない
  4. 本当の目的を見失わない
  5. 公開後、運用しなくてよいサイトなど無い
  6. 即効性のあるSEOは基本的にない
  7. SEOに重要な「質」と「選別」
  8. 今の上位表示の決め手はユーザーへ最適化
 第2章 SEOに大切な6要素
  1. クロールとインデックス
  2. 検索意図に合った独自性のあるコンテンツ
  3. ユーザー体験
  4. リンク
  5. ドメインパワー(ドメインの信頼度)
  6. スパム行為の回避(ペナルティリスクの回避)
 第3章 SEO技術編
 〜技術面でのSEOの強化〜
 (1)文書構造のチューニング
  1. タイトルタグ
  2. 要約文&キーワード
  3. 見出しタグ
  4. 段落タグ
  5. 引用タグ
  6. 強調タグ
  7. 画像タグ
  8. リストタグ
 (2)URLのチューニング
  1. URLのネーミングルール
  2. ドメインパワーを活かす
  3. ディレクトリ型とサブドメイン型
  4. 被リンク効果の統一、リダイレクト
  5. 重複コンテンツの回避・URLの正規化
 (3)内部リンクのチューニング
  1. 訪問者のことを考えたナビゲーション
  2. パン屑ナビ
  3. アンカーテキスト
  4. リンクのエリア別重要度
  5. 効果の高い内部リンク構築
  6. rel="nofollow"
  7. 発リンク(オーソリティサイトとハブサイト)
 (4)クローラビリティの強化
  1. HTMLソースのエラーチェック
  2. CSSやJavaScriptのクロールとレンダリングチェック
  3. 読み込み速度の高速化
  4. XMLサイトマップ
  5. XML形式のサイトマップ
 (5)シェアラビリティの強化
  1. ソーシャルボタンの設置
  2. SNS用メタタグの設定
 (6)サイトの品質とユーザー体験の向上
  1. コンテンツの質の維持と選別(noindex)
  2. モバイル・フレンドリー
  3. 検索意図にふさわしいコンテンツ
  4. コンテンツの見つけやすさ
  5. ユーザー環境
  6. セキュリティ
 (7)露出・拡散のためのプランニングとSNS
  1. リンクポピュラリティを高める6つの要素
  2. 人工的なリンクとペンギンアップデート
  3. 「不自然なリンク」への警告
 賢威コンテンツ制作マニュアル(95ページ)
  1. Googleが評価するコンテンツの傾向
  2. 検索ユーザーが求める情報の集め方
  3. 情報をコンテンツに落とし込む
  4. リンクを集める、コンテンツを露出させる
  5. コンテンツを評価し、改善する
 
 

賢威SEO戦略マニュアルは、短期的ではなく長期的に検索エンジンに上位表示させるためのノウハウが書かれています。

その中でも、賢威SEO戦略マニュアルで大注目すべきものは、コンテンツを露出し、 リンクを集める外的SEOについてのノウハウではないでしょうか?

ソーシャルメディアを用いた外的SEOを得意とするウェブライダーのノウハウを、 学ぶ価値は十分に高いものだと思います。

 

また、賢威ユーザー限定のサポートフォーラムがあります。

賢威のフォーラムには、SEOのノウハウやサイト作成やリニューアルのノウハウが集まっており、 その数は79,000件を超えています。

これは、11年以上の時を経て得られた実績や信頼の集大成ではないでしょうか?

フォーラムの種類は、初心者フォーラム・SEOフォーラム・ワードプレスフォーラム・ネットビジネスフォーラム、協力フォーラム、 雑談フォーラムがあり、質問に対する返信が丁寧であるという声も多く評判も良いようです。

賢威7について、わからないことや教えてほしいことは、このフォーラムで調べればほとんど解決できそうですね。 だって、ものすごい量ですから・・・(笑)。

 

  カスタマイズ性

賢威7をカスタマイズするには、HTMLやCSSなどの知識が必要になってきますので、初心者の方には難しいと思います。

SIRIUS(シリウス)もそうですが、カスタマイズを考えずにそのまま使うというのであれば、 賢威7はとてもクオリティーが高いものと言えると思います。

特に、ワードプレスを使ってサイトを作っていくという方には最適だと思います。

 

  価格

賢威7は、買い切りの商品であるため、のちのちに費用がかかってくることはありません。 バージョンアップも無料です。

賢威7(HTML版・ワードプレス版) 24,800円(税込)
アップデート 無料
 

  サポート

原則、賢威ユーザー限定のサポートフォーラムのみサポートとなっています。電話サポートはありません。

サポートフォーラムからの返信は、全フォーラムをまたいで1日に最大3回までです。

また、HTMLやCSSなど、 テンプレートの編集に最低限必要となる基礎知識の細かな解説などはサポート対象外となっています。

サポートがサポートフォーラムのみだと、初心者の方には少し不安に思えるかもしれませんし、 自分調べるのにも時間が少しかかってしまうかもしれません。

 

  はなぐるeye!

賢威7は、ある程度の基礎的な知識を身につけてから、さらなるスキルアップのために使うのが良いと思います。

初心者でもある程度HTMLやCSSなどの基礎的な知識に触れてから使った方がいい!という印象です。

Yahoo知恵袋で賢威ユーザーの声を調べたのですが、タグについての質問やタグを使っての回答が結構ありました。

そもそも質問のレベルが高いなぁと感じました。

 
 まとめ
 メリット
  • ワードプレスと賢威7との相性がとても良い。
  • ウェブライダー式SEOが注ぎ込まれたテンプレートを使うことができる。
  • 松尾代表が実際のセミナーで使っている賢威SEO戦略マニュアルで、 本格的にSEO対策を学ぶことができる。
  • 賢威ユーザーフォーラムでさまざまな情報を得ることができる。
 デメリット
  • HTMLやCSSなどの基礎的な知識は、 サポート外であるため自分で学ぶ必要がある。
  • 初心者の方には、ワードプレス自体が難しいと感じてしまうことがある。
  • サポートがフォーラムのみである。
  • わからないことは自分で調べる必要があるので時間がかかってしまう。
 
 

Copyright © 2018  はなさかすぐるのホームページ作成ソフト比較サイト All rights reserved.